着用した振袖はどうやって洗濯する?

そもそも着物は自宅で洗うことはできるの?

着物の種類によっては自分で洗濯も可能

そもそも振り袖に限らず着物自体が自宅で洗うことができないと考えている人は多いですが、着物の生地の種類によっては自分で洗うことは可能です。

木綿・ウールといった天然素材やポリエステルなどの化学繊維で作られた単衣仕立ての着物なら自宅で洗濯できます。

自宅での洗濯が可能な着物には、洗濯表示に手洗いマークがついているので、それを参考にしてください。

振袖は正絹などの手洗いできない生地が使われているので、自分で洗うと生地を傷めてしまう可能性が大きいこともあり、洗濯はクリーニングを利用することをおすすめします。

また、振袖に限らず正絹が使われているもの、絞り・刺繍があるもの、裏地がついているものも自宅での洗濯はNGです。

アンティークの着物にはタグがついておらず、手洗いできるか判断がしにくいものもありますが、そういった場合は無理して洗わずにクリーニングに任せるのが得策です。

肌着や足袋なら自宅で洗える

振袖の着用時に使った肌着類や足袋は、まとめて振袖と共にクリーニングに出しても問題はありませんが、自宅での洗濯でも綺麗にすることは可能です。

肌着・足袋を洗濯する際は、予め目立つ汚れがあれば洗濯石鹸や中性洗剤をつけておくと綺麗になりやすいです。

そのまま洗濯洗剤を入れた洗濯機の普通コースで洗い、脱水した後は形を整えて干すだけで大丈夫です。

ただし、絹が使われている場合はクリーニングに出した方が良いので、洗濯する前にしっかりと生地の素材を確認するようにしましょう。

振袖は手洗いせずクリーニングへ

振袖は正絹の生地でできているものが多いので、汚れてしまっても自宅では手洗いせずにクリーニングに出すようにしましょう。

着物は湿気に弱く、付着した汗によってカビ・シミ・変色を招く恐れがあり、放って置くと着物を修復する必要も出て来ます。

そのため一見汚れがなくても、次に着る機会が当分ない場合には一度クリーニングしてから保管した方が良いでしょう。

クリーニング店で頻繁に見かける「着物の丸洗い」は主に皮脂・埃などの汚れを取り除くクリーニング方法になりますが、一番着物の汚れに効果的なのは「洗い張り」です。

洗い張りは、着物をほどいて反物に戻してから水洗いをするので着物の生地の汚れがまんべんなく落ちて綺麗な状態になります。

その後新たに糊付けをして板に張って乾燥させることで、本来の光沢や風合いを蘇らせることができます。

一方丸洗いは、着物の仕立てをしてある状態を崩さずに、溶剤を使ってドライクリーニングをするクリーニング方法です。

丸洗いは、着物についてしまったファンデーションなどのメイクの汚れ、脂・皮脂汚れ、部分的なシミを落とすことに長けているので、目立つ汚れがある場合には丸洗いをするのもおすすめです。

丸洗いは短期間で済み、水洗いより比較的に安くクリーニングができますが、生地全体のハリを取り戻したいなら水洗いは欠かせません。

振袖をクリーニングに出す時には、どういった方法で着物をクリーニングするのか確認するようにしましょう。

また、現在では直接店に持ち込まずに宅配クリーニングサービスを利用して着物のクリーニングをしている人も増えています。

着物のクリーニングとなると丸洗いしか行っていないお店がほとんどですが、コスプレは洗濯より宅配クリーニングのように衣服には合わせた専門的なお店を使用することで、洗い張りをして貰えるお店もあるのが宅配クリーニングに着物を出す人が多い理由の1つとも言えます。

宅配クリーニングを利用したことのない人は、各宅配クリーニング店の口コミ・評判がまとめられているので、それを参考に自分に合ったお店を探してみるのも良いでしょう。